どーもpunioです

今回は東京・新宿の都庁近くにあるパークハイアット東京のニューヨークグリルに行ってきました。パークハイアットにはいくつかレストランがありますが、ニューヨークグリルは最上階の52階に位置し東京を一望できるレストランとなっています。
P1460587

パークハイアット東京


パークハイアット東京は新宿新都心高層ビル街区の南側に位置し、新宿パークタワーの39階~52階に入居するハイアット系列のホテルです。東京にあるハイアット系列のホテルでは、高価格帯に分類され客室も少なく丁寧なおもてなしを受けることができます。

最寄駅は新宿ではなく、都営大江戸線都庁前駅・もしくは京王新線初台駅が最寄となっています。
新宿駅からはシャトルバスが用意されており、1時間に3便出ています。
2018-01-05_09h57_33
2018-01-05_09h59_36
P1460588
エントランスには一度見たら忘れない、パークハイアット東京を象徴しているモニュメントが出迎えてくれます。中に入ると、スタッフの方がレストランご利用の方いらっしゃいますか?という声掛けがあり、手荷物とコートを預かってくれました。エントランスから違いを感じるパークハイアット東京です。

エレベーターの中にもオブジェが飾られていて気になりつつ、ホテルフロント階へ向かいます。さらにそこからホテル内を通り52階のニューヨークグリルへと向かいます。

パークハイアット東京ニューヨークグリル

P1460591
案内されたのはダークなフローリングに白いテーブルクロスが映えるダイニングスペース。
P1460590
代々木公園や高層ビルが遠くに見える眺望
ニューヨークグリル
パークハイアット東京 52階
ランチ 11:30~14:30
ディナー 17:30~22:00
ホリデーブランチ:
8,600円+サービス料15%+消費税8%=10,681円
会計:テーブル方式
P1460589
ウェイター「お飲み物はいかがいたしましょうか?」
今回のプランにはシャンパンがついていましたが、車のためノンアルコール系をオーダーしました。
P1460592
クランベリージュースです。定番のオレンジジュースなどもあります。
メインは「国産牛サーロインのグリルとガーリックマッシュドポテト ビーフジュ」と「築地より本日の鮮魚 トマトのローストとクーリー」この2つをオーダー。肉料理はもちろん焼き加減の指定が可能です

オーダー後はさっそく前菜のブッフェへ向かいます。

カラフルで濃厚な野菜の前菜

P1460593
ニンジンのロースト オレンジソースはニンジンの色がかなり濃いです。味も色に比例して濃厚です。
P1460594
サツマイモのローストも芋自体の甘みが出ていてとてもおいしい
P1460595
P1460596
カツオも臭みがなく厚めにカットされていて素材自体を楽しめます
P1460597
サーモンは脂がのっていてとてもおいしい
P1460598
海老のカクテルも海老自体のしっかりした歯ごたえがあり食材の良さを感じます
P1460609
チーズは「カマンベール」「ペコリーノ」「コンテ」の3種類。横にはジャムやクルミがありました。
P1460610
生ハムメロン。ハイアット系は生ハムメロンを推している気がします。そして実際、メロンが甘くてジューシーのため、生ハムととっても良く合います
P1460611
P1460612
リコッタチーズのオーブン焼きとほうれん草のキッシュ
P1460613
なすのロースト 白ごまペースト。茄子が柔らかくてとろとろです
P1460614
P1460616
P1460618
P1460619
席に戻ると温かいパンが置いてありました。
P1460615
P1460621
P1460622
P1460625
パンには北海道興部町の無塩バターをつけていただくようです。塩気のあるオリーブのパンに無塩バター。塩分的にはちょうどいい組み合わせかもしれませんが、あっさりしすぎていて私的にはもっとバター感があった方がいいかなと思いました。

前菜の食べ終わるとスタッフの方からメインを用意していいかという確認がありました。前菜をいただいている途中にメインが来るということがないのはハイアットのおもてなしです。前菜を十分楽しんだ後にメインを頼みました。
P1460623
P1460624
テーブルに置いてあるナイフですが、これはナイフというより包丁に近いものが用意されていました。肉を頼むとこのナイフに。魚だとよく見かけるテーブルナイフになります。
P1460626
P1460629
ミディアムオーダーのステーキは程よいピンク色
P1460630
ビーフジュをかけていただきます。霜降り牛特有のじゅわっとした肉汁があふれ出て、さらに肉のうまみが広がります。小さいかなと思われる肉のサイズですが、十分な食べ応えです。
さらに感動するのが横に添えてあるマッシュドポテトです。

舌触りがクリーミーで濃厚。こんなマッシュポテト初めて食べました。このマッシュポテトをお代わりしたいくらいおいしい!
P1460627
こちらが築地より本日の鮮魚 トマトのローストとクーリー
この日は鯛が本日の鮮魚のようです。肉と比べて大きな切り身です。鯛の皮はパリっと焼かれていて、ソースは魚の下にあるので、皮のパリパリ間は損なわれていません。鯛はしっとりふわふわな食感です。

ソースもトマトですが、火を通していないようなフレッシュ感。まさにトマトのクーリー。素材がいいからできる調理法ですね。

メインを食べ終わると、ダイニングからティーエリアへ席の移動です。紅茶を頼むと、どの銘柄が好きか聞かれます。TWGとか答えていいのでしょうか・・・?とりあえずアールグレイを頼んでさっそくブッフェ台へ向かいます。
P1460599
オレンジとチョコのムース
P1460600
P1460601
P1460602
P1460603
P1460605
P1460606
クリスマスシーズンなのでマジパン入りシュトーレンもありました
P1460607
P1460608
ケーキといえば定番のショートケーキはありませんでした。その代わりイチゴのタルトやアップルパイなどがラインナップされています。
P1460631
P1460632
マロンのロールケーキはもっち利した食感の生地とマロンクリームが合います。もちろん甘さ控えめ。
P1460633
スフレタイプのチーズケーキ。
P1460634
イチゴのタルトです。タルト生地がこの状態でもサックサクです。タルト生地に何らかの加工をしているのでしょう。
P1460635
そして、今回一押しのアップルパイ。グラニュー糖がたっぷりついた生地がものすごいサクサクです。そして中のリンゴがジューシーで、口の中がパサつくということはありません。リンゴの酸味と甘みが程よく、パイ全体がまとまっています。
P1460636
チョコレートケーキはビター感が強いしっとり系のチョコレートケーキでした。
P1460637
こちらのグレープフルーツのタルトももちろんサクサクです
P1460638
バニラアイスとリンゴシャーベット。バニラアイスが濃厚でおいしいのはもちろんですが、リンゴシャーベットが、生のリンゴを食べているような感覚になるくらいさわやかな香りと味わいが栗の中に広がります。
P1460641
フレッシュイチゴとミカン。数種類のソースが置いてあり、チョコを選びました。
P1460639
大きなクリスマスツリーの前で記念撮影する方々が多数いらっしゃいました。
ニューヨークグリルは素材のうまみを生かした料理が多く用意されていて、飽きずに頂くことができました。デザートも焼き菓子系が得意なようで、中でもアップルパイが絶品でした。次回行ったときは、また絶品の料理が待っている事でしょう。


マイレージブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中